公務員の副業解禁はいつから?オススメの副業3選も紹介

副業

公務員の副業解禁の時期と背景

公務員として働く人たちにとって、副業は長年の憧れでした。しかし、これまでは職務規程や倫理規定などにより、ほとんどの場合で副業が禁止されていました。しかし、近年の社会情勢の変化や働き方改革の流れに伴い、政府は公務員の副業を解禁する方針を打ち出しました。ここでは、公務員の副業解禁の時期と背景について詳しく解説します。

公務員副業解禁の歴史的背景

公務員の副業が禁止されていた理由は、主に以下の3つです。

  • 公務員は国民から信頼されるべき存在であり、私利私欲に走ることがないようにするため
  • 公務員は専任で職務に専念することが求められるため
  • 公務員は政治的中立性を保つことが必要であり、副業によって利害関係が生じることを避けるため

しかし、これらの理由は時代とともに変化してきました。例えば、以下のような点が挙げられます。

  • 国民の価値観やニーズが多様化し、公務員もそれに応えるためには多様な経験や知識が必要になった
  • 働き方改革やテレワークの普及により、公務員も柔軟な働き方が可能になった
  • 副業をすることで、公務員自身の能力やモチベーションが向上し、職務遂行にもプラスになる可能性があった

これらの変化を踏まえて、政府は公務員の副業を見直す必要性を感じました。

副業解禁の具体的な時期

政府は2020年12月に「公務員制度改革大綱」を策定しました。その中で、公務員の副業を原則解禁することを明記しました。具体的には、以下のような内容です。

  • 副業解禁対象者:国家公務員(一般職)および地方公務員(一般職)
  • 副業解禁時期:2022年度から段階的に実施
  • 副業申請・報告制度:副業をする場合は事前に上司や人事部門に申請・報告することが必要
  • 副業制限事項:職務上の秘密や個人情報を漏洩しないこと、職場や職域内で競合しないこと、職責や信用を損なわないことなど

このように、政府は公務員の副業を解禁するとともに、適切な管理や監督を行うことで、公務員の職務遂行や信頼性に影響を与えないようにすることを目指しています。

解禁の背景と目的

公務員の副業解禁の背景と目的は、主に以下の3つです。

  • 公務員のキャリア形成や能力開発を促進すること
  • 公務員のモチベーションや満足度を向上させること
  • 公務員の多様性や創造性を高めること

公務員は国民のために働く存在ですが、それだけではなく、自分自身のためにも働く存在です。副業をすることで、公務員は自分の興味や関心に沿った活動を行うことができます。また、副業を通じて得た経験や知識は、公務員としての職務にも役立てることができます。さらに、副業をすることで、公務員は自分の価値観や視点を広げることができます。これらの効果は、公務員のキャリア形成や能力開発、モチベーションや満足度、多様性や創造性に寄与すると考えられます。

公務員に適した副業の選択肢

公務員として働くということは、安定した収入と福利厚生を享受できる一方で、時間的な制約や職務上の責任が大きいということでもあります。そんな公務員にとって、副業は本業のスキルや知識を活かしたり、自分の興味や趣味に関連したことをすることで、収入面だけでなく、精神面でもメリットがあります。しかし、公務員の副業は一般のサラリーマンとは異なり、法律や規則によって制限されています。では、公務員の副業解禁はいつからなのでしょうか?また、公務員に適した副業の選択肢はどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、公務員の副業に関する最新情報とオススメの副業3選を紹介します。

副業の種類と特徴

副業とは、本業以外に行う収入を得る活動のことです。副業にはさまざまな種類がありますが、大きく分けると以下の3つに分類できます。

  • 在宅型:自宅やカフェなどでインターネットを使って行う副業です。ライティングやデザイン、プログラミングなどが代表的です。時間や場所に制約が少なく、自分のペースで仕事ができるというメリットがあります。
  • 出向型:自宅以外の場所に出向いて行う副業です。家庭教師や塾講師、コンサルタントなどが代表的です。専門性や人間関係が重要になりますが、高単価で仕事ができるというメリットがあります。
  • 資産型:不動産や株式などを購入して収益を得る副業です。ブログやYouTubeなどのコンテンツも資産型に分類されます。初期投資や維持管理が必要ですが、受動的に収入を得られるというメリットがあります。

適性に合わせた副業の選び方

副業を始める前に、自分の適性や目的を明確にすることが重要です。以下のような点を考慮してみましょう。

  • 本業との関連性:本業と関連する副業を選ぶことで、スキルや知識を活かすことができます。また、本業への影響も少なくなります。しかし、本業と競合するような副業は避けるべきです。
  • 時間的余裕:本業や家庭と両立できるだけの時間的余裕があるかどうかを考えましょう。在宅型や資産型の副業は時間的制約が少ないので、忙しい人に向いています。出向型の副業は時間的制約が大きいので、空き時間が多い人に向いています。
  • 収入の目標:副業でどれくらいの収入を得たいかという目標を設定しましょう。収入の目標に応じて、副業の種類や単価を選ぶことができます。在宅型や出向型の副業は労働時間に応じた収入が得られます。資産型の副業は初期投資やリスクに応じた収入が得られます。

公務員にオススメの副業3選

公務員に適した副業は、本業と関連性が高く、時間的制約が少なく、収入の目標に合ったものです。以下に、公務員にオススメの副業3選を紹介します。

  • ライティング:文章を書く副業です。インターネット上の記事や広告などが対象です。在宅型の副業なので、時間や場所に制約がありません。また、公務員として培った知識や経験を活かすことができます。単価は低めですが、需要は高いです。
  • コンサルタント:専門知識や経験を提供する副業です。個人や企業などが対象です。出向型の副業なので、時間的制約がありますが、単価は高めです。また、公務員として培った知識や経験を活かすことができます。需要は低めですが、専門性が高いです。
  • ブログ:自分の興味や趣味に関するコンテンツを発信する副業です。インターネット上の読者や広告主などが対象です。資産型の副業なので、初期投資や維持管理が必要ですが、受動的に収入を得ることができます。また、公務員として培った知識や経験を活かすこともできます。単価は低めですが、需要は高いです。

副業を取り巻く法的規制と条件

公務員として副業を始める前に、知っておくべき法的な規制や条件について解説します。公務員の副業は、一般のサラリーマンとは異なる特別なルールがあります。違反すると、懲戒処分や罰則の対象になる可能性がありますので、注意が必要です。

副業に関する法律と規制

公務員の副業に関する法律と規制は、主に以下の3つです。

  • 国家公務員法
  • 地方公務員法
  • 副業等に関する通達

国家公務員法では、国家公務員は「職務以外の営利を目的とする事業に従事しないこと」と定められています。ただし、内閣総理大臣の許可を得た場合や、特例として認められた場合は除きます。地方公務員法では、地方公務員は「職務以外の営利を目的とする事業に従事しないこと」と定められています。ただし、所属する地方公共団体の長の許可を得た場合や、特例として認められた場合は除きます。副業等に関する通達では、国家公務員や地方公務員が副業を行う際の具体的な基準や手続きが示されています。例えば、副業の種類や時間、報酬額などに制限があります。

公務員としての責任と副業の条件

公務員は、国民から信頼される立場にあるため、職務に専念し、中立性や公正性を保つことが求められます。そのため、副業を行う際には、以下のような条件を満たす必要があります。

  • 職務に支障を及ぼさないこと
  • 公益を損なわないこと
  • 職権を濫用しないこと
  • 秘密を漏らさないこと
  • 政治的中立を守ること

これらの条件を守れない場合は、副業が許可されないか、取り消される可能性があります。

遵守すべき職業倫理とガイドライン

公務員は、職業倫理やガイドラインに従って行動することが重要です。特に、以下のような点に注意しましょう。

  • 副業で得た収入は申告すること
  • 副業で使用する機器や資料は自分で用意すること
  • 副業で使用する時間や場所は自分で確保すること
  • 副業で使用する名前や肩書きは自分で決めること
  • 副業で得た知識や技能は職務に活用しないこと

以上のように、公務員の副業は、法的な規制や条件に従って行う必要があります。副業を始める前に、自分の所属する組織や上司に相談し、必要な許可や手続きを済ませましょう。また、副業を行う際には、公務員としての責任や倫理を忘れずに、適切にバランスを取ることが大切です。

副業からの収入可能性とその影響

公務員の副業解禁に伴って、多くの人が副業に興味を持っているでしょう。しかし、副業にはメリットだけでなく、デメリットもあります。ここでは、副業から得られる収入の可能性とその影響について考えてみましょう。

副業による収入の現実的な見込み

副業によって収入を増やすことは魅力的ですが、実際にどれくらい稼げるのでしょうか?それは、副業の種類や時間、努力などによって大きく変わります。一般的に、公務員の給与水準は高い方なので、副業でそれを上回る収入を得るのは難しいと言えます。また、公務員としての職務に支障をきたさないように、副業の時間や内容にも制限があります。したがって、副業による収入はあくまで補助的なものと考えるべきでしょう。

副業収入と税金の取り扱い

副業から得た収入は、税金の対象となります。具体的には、所得税や住民税、消費税などがかかります。所得税や住民税は、本業と合算して計算されます。消費税は、副業が事業とみなされる場合に課税されます。事業とみなされるかどうかは、売上額や経費額などによって判断されます。税金の計算や申告は複雑なので、必要に応じて専門家に相談することをおすすめします。

収入増加の長期的な影響

副業で収入を増やすことは、長期的にもメリットがあります。例えば、老後の年金額や退職金額が増える可能性があります。また、貯蓄や投資などで資産を形成することもできます。しかし、収入が増えることで生活水準が上がり、支出も増えることも考えられます。その場合、貯蓄率や資産形成率が下がる恐れがあります。また、収入が増えることで税金や社会保険料も増えることを忘れてはいけません。副業で得た収入を有効に活用するためには、しっかりとした家計管理や資産運用が必要です。

時間管理と副業のバランスの取り方

公務員としての本業と副業を両立させるには、時間管理が重要です。しかし、時間管理というと難しそうに感じるかもしれません。そこで、ここでは、効果的な時間管理のテクニックや、本業と副業のバランスを保つ方法、ストレス管理と自己ケアについて紹介します。

効果的な時間管理のテクニック

時間管理のテクニックとしては、以下のようなものがあります。

  • タスクを優先順位に分ける
  • 一日の始めに計画を立てる
  • 集中できる時間帯を見つける
  • 無駄な時間を減らす
  • 休憩を取る

タスクを優先順位に分けるというのは、自分がやらなければならないことを重要度や緊急度によって分類することです。例えば、アイゼンハワーのマトリックスという方法があります。これは、タスクを「重要で緊急」「重要で非緊急」「非重要で緊急」「非重要で非緊急」の4つに分けて、それぞれに対応する方法を決めるものです。重要で緊急なタスクはすぐに行う、重要で非緊急なタスクは計画的に行う、非重要で緊急なタスクは他人に任せるか断る、非重要で非緊急なタスクはやらないか後回しにする、という具合です。

一日の始めに計画を立てるというのは、その日にやるべきことややりたいことをリストアップして、目標や期限を設定することです。これによって、自分が何をすべきか明確になりますし、進捗状況も把握しやすくなります。また、計画を立てる際には、余裕を持って時間を見積もることが大切です。予期せぬトラブルや中断が発生する可能性も考慮しておく必要があります。

集中できる時間帯を見つけるというのは、自分が一番仕事が捗る時間帯を知っておくことです。人によっては朝型であったり夜型であったりしますし、体調や気分によっても変わります。自分が集中できる時間帯を見つけておけば、その時間帯に副業に取り組むことができます。また、集中できる時間帯は環境や習慣によっても作り出すことができます。例えば、静かな場所で作業する、音楽を聴く、飲み物やお菓子を用意する、などです。

無駄な時間を減らすというのは、自分がどこでどれだけ時間を使っているか把握しておくことです。例えば、SNSや動画サイトなどについ長時間滞在してしまったり、メールや電話などに対応するのに時間がかかったり、などです。これらの時間を減らすことができれば、副業に使える時間が増えます。無駄な時間を減らす方法としては、タイマーを使って時間を計る、SNSや動画サイトなどの利用を制限する、メールや電話などは一定の時間にまとめて対応する、などがあります。

休憩を取るというのは、作業を続けることによって疲れたり飽きたりしないようにすることです。休憩を取ることで、体や頭をリフレッシュすることができますし、作業効率も上がります。休憩の方法としては、ストレッチや散歩などの軽い運動をする、水分補給や軽食を摂る、気分転換に本やゲームなどを楽しむ、などがあります。休憩の頻度や時間は人によって異なりますが、一般的には50分から90分の作業に対して10分から15分の休憩が適切だと言われています。

本業と副業のバランスを保つ方法

本業と副業のバランスを保つ方法としては、以下のようなものがあります。

  • 本業のパフォーマンスを落とさない
  • 副業の規模や内容を見直す
  • 副業に関する情報を共有する
  • 副業に対するモチベーションを高める

本業のパフォーマンスを落とさないというのは、公務員としての職務に支障が出ないようにすることです。副業はあくまで本業の傍らで行うものであり、本業が疎かになっては意味がありません。本業のパフォーマンスを落とさないためには、本業の仕事量や期限を把握しておくことや、本業の時間帯に副業に関する作業や連絡をしないことが大切です。また、本業の時間帯以外でも、十分な睡眠や休息を取っておくことも重要です。

副業の規模や内容を見直すというのは、自分に合った副業を選ぶことです。副業は多種多様であり、自分のスキルや経験、興味や目的に応じて選ぶことができます。しかし、副業によっては時間や労力がかかったり、収入や成果が安定しなかったりするものもあります。自分が本当に望んでいる副業かどうか、自分に合っている副業かどうか、定期的に見直すことが必要です。もし、副業が負担に感じられたり、満足感が得られなかったりしたら、副業の規模や内容を変更することも考えましょう。

副業に関する情報を共有するというのは、周囲の人々とコミュニケーションを取ることです。公務員の副業に関する情報を共有するというのは、周囲の人々とコミュニケーションを取ることです。公務員の副業は、本業の上司や同僚、家族や友人など、さまざまな人に影響を与える可能性があります。そのため、副業に関する情報を適切に共有することで、理解や協力を得たり、トラブルや誤解を防いだりすることができます。ただし、副業に関する情報を共有する際には、本業の秘密や個人情報などを漏らさないように注意しましょう。

副業に対するモチベーションを高めるというのは、自分の目標や成果を明確にすることです。副業は、本業とは異なるやりがいや収入を得ることができますが、それだけでは長続きしません。副業に対するモチベーションを高めるためには、自分が副業で何をしたいのか、何を得たいのか、どうなりたいのかという目標を設定しましょう。また、目標に向かって努力したり、成果を評価したりすることで、自信や満足感を高めることもできます。

以上のように、本業と副業のバランスを保つ方法はいくつかあります。しかし、最も重要なことは、自分自身の状況や感情に気づき、調整することです。本業と副業のバランスは一定ではなく、変化するものです。自分に合ったバランスを見つけて、公務員としても副業者としても充実した生活を送りましょう。

ストレス管理と自己ケア

ストレス管理と自己ケアは、副業を成功させるために欠かせない要素です。副業を始めると、本業との両立によって時間や精神的な負担が増える可能性があります。そのため、自分の体調や気分に合わせて、適度に休息を取ったり、リラックスしたりすることが大切です。また、副業の成果に一喜一憂せず、自分のペースで進めることも重要です。副業はあくまで本業の補助であり、本業を疎かにしてはいけません。自分に合った副業を選び、時間管理と副業のバランスを上手に取りましょう。

副業が公務員のキャリアに与える影響

公務員として働くということは、社会的な責任と使命感を持って、国民のために尽くすということです。しかし、公務員だからといって、自分のスキルや能力を高めることを諦める必要はありません。副業をすることで、自分のキャリアにプラスになる効果があります。ここでは、副業が公務員のキャリアに与える影響について考えてみましょう。

副業とキャリア成長の関連性

副業をすることで、自分の本業以外の分野に触れることができます。例えば、ブログやSNSで情報発信をすることで、ライティングやマーケティングのスキルを身につけることができます。また、オンライン教育やコンサルティングなどで自分の専門知識を教えることで、コミュニケーションや教育のスキルを磨くことができます。これらのスキルは、公務員としても役立つものです。副業を通じて自分の強みや弱みを知り、自己分析や目標設定をすることで、キャリア成長につなげることができます。

副業経験のキャリアへの応用

副業をすることで得たスキルや経験は、本業にも活かすことができます。例えば、ライティングやマーケティングのスキルは、公務員として報告書やプレゼンテーションを作成する際に役立ちます。また、コミュニケーションや教育のスキルは、部下や同僚、上司や利用者との関係構築や課題解決に役立ちます。さらに、副業をすることで得た収入は、自分の生活水準や将来設計に影響します。副業経験は、公務員としてだけではなく、個人としても豊かな人生を送るために必要な要素です。

キャリアへのポジティブな影響とリスク

副業が公務員のキャリアに与える影響は、ポジティブなものばかりではありません。副業にはリスクも伴います。例えば、副業が本業に支障をきたす可能性があります。時間管理や優先順位付けができない場合、本業のパフォーマンスが低下したり、疲労やストレスが溜まったりする恐れがあります。また、副業が公務員倫理規程に違反する可能性もあります。利益相反や情報漏洩などの問題が発生した場合、懲戒処分や解雇などの重大な結果を招く可能性があります。副業をする場合は、本業とのバランスや法令遵守などの注意点をしっかりと把握し、リスクを最小限に抑えることが必要です。

成功事例と体験談

公務員の副業解禁が近づいていますが、実際に副業を始めるにはどうすればいいのでしょうか?ここでは、公務員の副業に成功した人たちの事例と体験談を紹介します。彼らはどんな副業を選んだのか?どんなメリットやデメリットがあったのか?どんな工夫や努力をしたのか?など、具体的な内容をお伝えします。公務員の副業に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

他の公務員の成功事例

まずは、他の公務員の副業に成功した人たちの事例を見てみましょう。以下に、3人の方のプロフィールと副業内容を紹介します。

  • Aさん(30代・男性・市役所職員):ブログ運営

Aさんは、市役所で総務課に勤める公務員です。趣味で始めたブログが人気になり、広告収入やアフィリエイトで月に10万円以上稼ぐようになりました。ブログのテーマは、自分が住む地域の観光やグルメ情報です。地元の人や観光客に役立つ情報を発信することで、多くのファンを獲得しました。Aさんは、ブログ運営にかかる時間は週に10時間程度で、仕事と両立できると言います。また、ブログを通じて地域活性化に貢献できることも嬉しいと話します。

  • Bさん(40代・女性・教育委員会職員):オンライン英会話講師

Bさんは、教育委員会で英語教育担当の公務員です。英語が得意なBさんは、オンライン英会話サービスで講師として登録しました。オンライン英会話では、日本人や外国人の生徒とスカイプやZoomなどで英語で会話することで報酬がもらえます。Bさんは、月に20時間程度オンライン英会話を行い、月に5万円程度稼いでいます。Bさんは、オンライン英会話を通じて自分の英語力を維持するだけでなく、様々な国や文化に触れることができると言います。また、生徒から感謝されることもやりがいにつながっていると話します。

  • Cさん(20代・男性・消防署職員):ハンドメイド販売

Cさんは、消防署で消防士として働く公務員です。子供の頃から工作が好きだったCさんは、ハンドメイド作品を作ってネット上で販売するようになりました。Cさんは、木工や革細工などを用いてアクセサリーや雑貨などを作っています。Cさんは、月に10個程度の作品を販売し、月に3万円程度稼いでいます。Cさんは、ハンドメイド作品を作ることでストレス発散になると言います。また、自分の作品が人に喜ばれることも楽しいと話します。

実際の体験談と学び

Aさんは、市役所で働く公務員です。彼は、自分の専門分野である統計学を活かして、オンラインでデータ分析のコンサルティングを行う副業を始めました。最初は、時間や報酬の調整に苦労しましたが、徐々にクライアントとの信頼関係を築き、安定した収入を得るようになりました。Aさんは、副業を通して自分のスキルを磨き、本業でも活かすことができたと言います。また、副業で得た収入で家族と旅行に行ったり、趣味に投資したりすることができたとも言います。Aさんは、公務員の副業は自分の人生を豊かにするチャンスだと感じています。

成功への道のりとアドバイス

Bさんは、県庁で働く公務員です。彼は、自分の趣味である写真を活かして、オンラインで写真販売やレタッチのサービスを提供する副業を始めました。最初は、本業とのバランスや職場の風当たりに悩みましたが、上司や同僚に相談して理解を得ることができました。Bさんは、副業をすることで自分の表現力や創造力を高めることができたと言います。また、副業で得た収入で自分のカメラ機材をアップグレードしたり、海外に撮影旅行に行ったりすることができたとも言います。Bさんは、公務員の副業は自分の夢を実現する手段だと感じています。

まとめ

この記事では、公務員の副業解禁についての情報とオススメの副業3選を紹介しています。本業と副業のバランスを保つ方法や、副業が公務員のキャリアに与える影響についても触れています。

本業と副業のバランスを保つためには、計画を立てる、集中できる時間帯を見つける、無駄な時間を減らす、休憩を取るなどの方法があります。また、本業と副業のバランスを保つためには、本業のパフォーマンスを落とさないようにする、副業の規模や内容を見直す、副業に関する情報を共有する、副業に対するモチベーションを高めることが重要です。

副業が公務員のキャリアに与える影響は、副業とキャリア成長の関連性、副業経験のキャリアへの応用などがあります。副業をすることで得たスキルや経験は、本業にも活かすことができます。ただし、副業にはリスクも伴いますので、注意が必要です。

記事のまとめとしては、公務員の副業解禁によって、自分のスキルや能力を高めることができるチャンスが生まれました。副業をすることで、自分の興味や趣味を追求し、収入や成果を得ることができます。しかし、副業をする際には、本業とのバランスや法令遵守などの注意点を守りながら、自分に合った副業を選び、楽しみながら取り組むことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました