公務員の副業はどこまでいいの?兼業禁止の理由と対策を紹介

副業

本記事では、公務員の副業に関する現状や制限、その理由や特例について詳しく紹介しています。

公務員は職務に専念することが求められるため、副業禁止の規定が存在しますが、一部の職種や特別なケースでは副業が許可される場合もあります

また、公務員の副業禁止には公平中立性の確保や職務専念の徹底、秘密保持の義務の履行などの理由があります。他国の公務員副業事情と比較しながら、日本の制度の問題点や改善策についても考察しています。

公務員の副業制限の基本理解

公務員として働くということは、国や地方自治体に奉仕するという高い使命感を持つことです。

しかし、公務員にも生活やキャリアの悩みはあります。特に、給与や待遇が低い職種では、副業をしたいと考える人もいるでしょう。

しかし、公務員には副業に関する厳しい制限があります。なぜ公務員は副業をすることができないのでしょうか?また、副業が許可される場合や例外的なケースはあるのでしょうか?

ここでは、公務員の副業に関する基本的なルールや理由、対策などを紹介します。

公務員副業の基本的なルールと範囲

  • 公務員は、法律や規則によって、副業をすることが原則禁止されています。これは、公務員が職務に専念し、利益相反や不正行為を防ぐためです。また、公務員が副業をすることで、国民から信頼を失うことも避ける必要があります。公務員の副業禁止は、国家公務員法や地方公務員法などの法律に規定されています。具体的には、以下のような内容です。
  • 国家公務員法第103条:国家公務員は、職務以外に何らかの報酬を受ける仕事をすることができない。ただし、法律や政令で定められた場合や、所属機関の長から許可された場合は除く。
  • 地方公務員法第99条:地方公務員も同様に、職務以外に報酬を受ける仕事をすることができない。ただし、法律や政令で定められた場合や、所属機関の長から許可された場合は除く。
  • 国家公務員倫理法第14条:国家公務員は、職務上知り得た情報を利用して利益を得ることや、職務上関係する者から金品や便宜を受けることなどが禁止されている。これらの行為は、副業に該当する可能性がある。
  • 地方公務員倫理法第13条:地方公務員も同様に、職務上知り得た情報を利用して利益を得ることや、職務上関係する者から金品や便宜を受けることなどが禁止されている。これらの行為は、副業に該当する可能性がある。

副業が許可される公務員の職種

  • 公務員の副業は原則禁止ですが、一部の職種では、副業が許可される場合があります。これは、職務の性質や社会的需要に応じて、副業を認めることが適切と判断された場合です。例えば、以下のような職種が該当します。
  • 教員:教育に関する講演や執筆などの副業が許可される場合がある。これは、教育の普及や向上に寄与すると考えられるからです。
  • 医師:医療機関での勤務以外に、医学に関する講演や執筆などの副業が許可される場合がある。これは、医療の発展や人材育成に寄与すると考えられるからです。
  • 弁護士:司法行政に関する講演や執筆などの副業が許可される場合がある。これは、法律の普及や啓発に寄与すると考えられるからです。
  • 研究者:研究機関での勤務以外に、学術に関する講演や執筆などの副業が許可される場合がある。これは、学問の発展や社会貢献に寄与すると考えられるからです。

制限の例外と特別なケース

  • 公務員の副業は原則禁止ですが、特別な事情やケースで、副業をすることが認められる場合もあります。例えば、以下のような場合です。
  • 災害や緊急事態で、公務員以外の職種で必要とされるスキルや資格を持つ人が不足している場合。例えば、看護師や消防士などです。この場合、公務員は一時的に副業をすることができます。
  • 公務員が退職後に再就職する際に、退職前に一定期間だけ副業をすることができる場合。これは、再就職先との契約や条件を確認するためです。
  • 公務員が休職中に副業をすることができる場合。これは、休職中に収入を得るためや、復職後のキャリアを考えるためです。ただし、休職理由や期間によっては制限があります。

以上のように、公務員の副業は基本的に禁止されていますが、一部の職種や特別なケースでは許可される場合もあります。

しかし、副業をする際には、必ず所属機関の長から許可を得ることや、職務と副業の両立を図ることが重要です。また、副業をすることで公務員としての信頼や倫理を損なわないように注意することも必要です。

兼業禁止の法的根拠を探る

公務員の副業に関する議論は、近年ますます活発になっています。

しかし、公務員が副業をすることには、法的な制約があります。では、なぜ公務員は副業を禁止されているのでしょうか?

その法的根拠と、それによって守られるべき価値観や原則とは何でしょうか?ここでは、兼業禁止の法的根拠を探りながら、その背景にある意図や目的を考えてみましょう。

兼業禁止を定める法律と規則

  • 公務員の副業を禁止する法律と規則は、主に以下の3つです。
  • 国家公務員法第103条:国家公務員は、職務以外に他の職業に就くことができない。
  • 地方公務員法第99条:地方公務員は、職務以外に他の職業に就くことができない。
  • 公務員倫理法第7条:国家公務員及び地方公務員は、職務上知り得た情報を利用して利益を得る行為や、職務上の立場や権限を利用して私的な利益を図る行為をしてはならない。
  • これらの法律と規則は、公務員が職務以外に他の職業に就くことを一律に禁止しています。しかし、実際には、例外や適用範囲については、各省庁や自治体が独自に定めています。

例えば、教育委員会や文化庁などでは、教育や文化活動に関する副業を認めている場合があります

また、国家公務員でも地方公務員でも、政治活動や宗教活動などは副業とみなされません。したがって、公務員が副業をするかどうかは、所属する組織や職種によって異なります

法的根拠の背後にある意図

  • 公務員が副業を禁止されている理由は、主に以下の3つです。
  • 公平中立性の確保:公務員は国民全体の利益を代表し、政治的・経済的・社会的な偏見や圧力から自由であるべきです。副業をすることで、公務員が特定の団体や個人と利害関係を持つ可能性があります。その結果、公務員の判断や行動が偏ったり、不正や腐敗が発生したりする恐れがあります。また、公務員が副業で得た収入が、国民からの税金で支払われる給与と比較して過剰であると感じられると、公務員に対する信頼や尊敬が失われる可能性があります。
  • 職務専念の徹底:公務員は国民のために働く者として、職務に専念し、高い能力と責任感を持つべきです。副業をすることで、公務員が職務に集中できなくなったり、疲労やストレスが蓄積したりする恐れがあります。また、副業が公務員の本業と競合したり、利害衝突したりする場合もあります。その結果、公務員の業務成績や品質が低下したり、国民からの不満や苦情が増えたりする可能性があります。
  • 秘密保持の義務の履行:公務員は職務上知り得た様々な情報を秘密として保持する義務があります。副業をすることで、公務員が秘密情報を外部に漏らしたり、悪用したりする恐れがあります。その結果、国家の安全や利益が損なわれたり、個人のプライバシーや人権が侵害されたりする可能性があります。
  • 以上のように、公務員の副業禁止は、公務員制度の基本的な理念や原則を守るために必要なものです。しかし、一方で、公務員の副業禁止は、公務員の自由や権利を制限するものでもあります。特に、現代社会では、多様な価値観やライフスタイルが認められるようになっており、公務員も自己実現やキャリアアップを求める場合があります。また、経済的な理由で副業を必要とする場合もあります。そこで、公務員の副業禁止は、時代に合わせて見直すべきではないかという意見も出てきています。

他国の公務員副業事情と比較

  • 日本以外の国では、公務員の副業に対する考え方や制度はどうなっているのでしょうか?ここでは、代表的な3つの国(米国・英国・韓国)を例にとってみましょう。
  • 米国:米国では、連邦政府の公務員は原則として副業を禁止されています。しかし、例外的に認められる場合もあります。例えば、教育や芸術などの分野であれば、職種や階級に関係なく副業が可能です。また、一定の条件を満たせば、民間企業で働くことも許可されます。ただし、副業をする場合は、所属する組織や上司に事前に申請し、承認を得る必要があります。また、副業にかける時間や収入にも制限があります。
  • 英国:英国では、中央政府や地方自治体の公務員は、職務上の利益相反や職務遂行への支障がない限り、副業を自由に行うことができます。ただし、副業をする場合は、所属する組織や上司に事前に通知し、必要に応じて承認を得る必要があります。また、副業にかける時間や収入にも制限があります。
  • 韓国:韓国では、公務員は原則として副業を禁止されています。しかし、例外的に認められる場合もあります。例えば、教育や芸術などの分野であれば、職種や階級に関係なく副業が可能です。また、一定の条件を満たせば、民間企業で働くことも許可されます。ただし、副業をする場合は、所属する組織や上司に事前に申請し、承認を得る必要があります。また、副業にかける時間や収入にも制限があります。
  • 以上のように、各国では公務員の副業に対する考え方や制度が異なります。日本では、公務員法第103条で「公務員は兼ねて他の職務を執ることができない」と定められており、原則として兼業が禁止されています。しかし、この規定は明治時代から変わっておらず、現代社会のニーズや多様性に対応していないという指摘もあります。そこで次の章では、日本の公務員兼業禁止規定の問題点と改善策を検討していきましょう。

兼業禁止の背後にある理由

  • 公務員の副業に関する議論は、近年ますます高まっています。

一方で、公務員は副業を禁止されていることが多く、その理由や背景についてはあまり知られていません。

ここでは、公務員の副業を禁止する理由と背景、公務員の信頼性と副業の関係、国民への影響と公正性の確保について解説します。

副業を禁止する理由と背景

公務員は、国や地方自治体などの公共機関に勤める職員であり、国民から税金を受け取って仕事をしています。

そのため、公務員は国民に対して高い責任と義務を負っており、その職務に専念することが求められています。副業をすることで、公務員の職務に支障が出たり、利益相反や情報漏洩などの問題が発生したりする可能性があります。

また、副業をすることで、公務員が不当に収入を得たり、不正な利用や横領などの犯罪に手を染めたりするリスクもあります。これらの理由から、公務員は副業を禁止されているのです。

公務員の信頼性と副業の関係

公務員は、国民から選ばれた政治家や行政機関の指示に従って、法律や規則に基づいて仕事をします。そのため、公務員は国民から信頼されることが重要です。

しかし、副業をすることで、公務員が自分の利益や私的な関係に影響されて仕事をしているという疑惑が生じる可能性があります。

例えば、公務員が自分の副業先や関係者に有利な判断や処分をしたり、内部情報や機密情報を漏らしたりした場合、国民は公務員に対して不信感や不満を抱くでしょう。これは、公務員の信頼性や権威を低下させるだけでなく、行政サービスや政策の質や効果にも悪影響を及ぼすことになります。

国民への影響と公正性の確保

公務員は、国民全体の利益や幸福を考えて仕事をします。

そのため、公務員は国民に対して平等で公正な態度で接することが必要です。しかし、副業をすることで、公務員が特定の個人や団体に偏った対応をしたり、不公平な扱いをしたりする可能性があります。

例えば、公務員が自分の副業先や関係者に優遇したり、他の副業者や競合者に不利益を与えたりした場合、国民は公務員に対して不平等感や不公正感を感じるでしょう。これは、国民の権利や利益を侵害するだけでなく、社会の公平性や正義感にも反することになります。

副業を検討する公務員への対策

公務員として働きながら、副業を始めたいと考える方は少なくありません。

しかし、公務員の副業には厳しい制限があります。違反した場合、懲戒処分や解雇などの重い処分を受ける可能性があります。

では、公務員はどのようにして副業を行うことができるのでしょうか?ここでは、副業を検討する公務員への対策を紹介します。

副業を始める前の準備

副業を始める前に、まずは自分の職場や職種に関する規定を確認しましょう

公務員の副業は、法律や条例、規程などによって禁止されている場合が多いです。また、職場や職種によっては、副業に関する届出や許可が必要な場合もあります。

自分の所属する組織や部署に相談して、副業が可能かどうかを確認しましょう。

職務と副業のバランスの取り方

副業が許可されている場合でも、職務と副業のバランスを取ることが重要です。

公務員は、本来の職務に支障をきたさないように、副業の時間や内容に制限をかける必要があります。例えば、勤務時間中や休日出勤などは副業を行わないこと、職場や職種と競合するような副業は避けること、秘密保持義務や利益相反などに注意することなどです。

職務と副業のバランスを崩すと、信頼性や評価が低下するだけでなく、処分の対象になる可能性もあります。

トラブルを避けるためのアドバイス

副業を行う際には、トラブルを避けるためにも注意が必要です。

特に、インターネットやSNSなどで副業を行う場合は、自分の身元や所属先が明らかにならないように気をつけましょう。

また、副業で得た収入は確定申告や年末調整などで正しく申告することも忘れずに行いましょう。税金や社会保険料などの支払い漏れが発覚した場合、税務署や厚生労働省から指導や課税などを受ける可能性があります。

副業可能な職種と業種の紹介

ここでは、公務員が副業をする際に注意すべき職種と業種について解説します。

公務員の副業は、本業との関連性や競合性、時間的な負担などを考慮して選ぶ必要があります。また、副業をする前には、必ず所属する機関の規定や上司の許可を確認することが重要です。

公務員に適した副業の例

  • 公務員に適した副業とは、本業との関連性が低く、競合性がなく、時間的な負担が少ないものです。例えば、以下のような副業が挙げられます。
  • ブログやSNSでの情報発信
  • オンラインでの教育やコンサルティング
  • スキルや趣味を活かしたクリエイティブな仕事
  • データ入力やアンケート回答などの単純作業
  • これらの副業は、自分の専門知識や経験を活かすことができるだけでなく、自分のペースで働くことができるため、公務員におすすめです。ただし、公務員としての倫理観や守秘義務に反しないように注意する必要があります。

副業として人気のある業種

  • 副業として人気のある業種は、主にインターネットを利用したものです。例えば、以下のような業種が挙げられます。
  • Webライター
  • Webデザイナー
  • Webプログラマー
  • Webマーケター
  • Webコーディネーター
  • これらの業種は、在宅で働くことができるだけでなく、需要も高いため、副業として人気です。また、これらのスキルは本業にも役立つ可能性があります。ただし、これらの業種は専門的な知識や技術が必要な場合もあるため、事前に学習や研修を受けることが望ましいです。

副業でのキャリアアップ事例

  • 副業でのキャリアアップ事例としては、以下のようなものがあります。
  • 公務員から起業家に転身した人
  • 公務員からフリーランスに転身した人
  • 公務員から他の職種に転職した人
  • これらの事例では、副業を通じて自分の強みや興味を発見し、本業に満足できない場合にキャリアチェンジを決断した人たちです。副業は自分の可能性を広げるチャンスでもありますが、本業とのバランスやリスクを考慮することも大切です。

副業規定の適用範囲と違い

ここでは、公務員の副業に関する規定の適用範囲と、国家公務員と地方公務員の規定の違いについて解説します。公務員の副業は、職種や所属する機関によって許可される条件や手続きが異なります。自分の立場に合った副業を選ぶためには、これらの規定を理解することが重要です。

国家公務員と地方公務員の規定の違い

国家公務員と地方公務員では、副業に関する規定が異なります

国家公務員は、原則として副業を禁止されていますが、法律や政令で定められた例外的な場合には、所属する機関の長の許可を得て副業を行うことができます。例外的な場合とは、教育や研究などの学術的な活動や、社会貢献や文化的な活動などの公益的な活動です。

また、国家公務員は、副業を行う場合には、職務上の秘密を守る義務や忠誠義務に反しないことや、職務に支障をきたさないことなどの条件を満たす必要があります。

一方、地方公務員は、各自治体が定める条例に従って副業を行うことができます。条例によっては、国家公務員よりも副業の範囲が広く許可されている場合もありますが、同様に職務上の秘密や忠誠義務などを守る必要があります。

副業許可のプロセスと手続き

副業を行うためには、所属する機関から許可を得る必要があります

許可を得るプロセスと手続きは、国家公務員と地方公務員では異なります。国家公務員は、副業を行う前に所属する機関の長に申請書を提出し、その内容について審査を受ける必要があります

審査では、副業が職務上の秘密や忠誠義務に反しないかや、職務に支障をきたさないかなどが判断されます。審査結果によっては、副業が許可されない場合もあります。

また、副業内容や収入額などに変更があった場合には、再度申請書を提出する必要があります。地方公務員は、各自治体が定める条例に従って申請書を提出し、審査を受ける必要があります。条例によっては、副業の種類や収入額などに制限が設けられている場合もあります。

また、副業内容や収入額などに変更があった場合には、再度申請書を提出する必要があります。

職務による規定の適用差

公務員の副業に関する規定は、職務の性質や内容によっても異なります。

例えば、国家公務員の中でも、外交官や検察官などの特別職は、副業を一切禁止されています。また、国税庁や防衛省などの特定の機関に所属する公務員は、副業を厳しく制限されています。

これらの職務は、国家の安全や秩序に関わる重要な役割を担っているため、副業が職務上の秘密や忠誠義務に影響を与える可能性が高いと考えられています。

一方、教育や研究などの学術的な職務を行う公務員は、副業を比較的容易に許可されています。これらの職務は、社会的な知見や専門性を高めることが期待されているため、副業が職務の向上に寄与する可能性が高いと考えられています。

副業によるキャリアへの影響

公務員として働く中で、副業を始めたいと考える人は少なくないでしょう。

しかし、副業はキャリアにどのような影響を与えるのでしょうか?副業がキャリアに及ぼすプラスの影響と、職務への潜在的リスクと対処法について解説します。

また、副業とキャリアバランスの考え方についても紹介します。

副業がキャリアに及ぼすプラスの影響

  • 副業がキャリアに及ぼすプラスの影響は、主に以下の3つです。
  • 副業で得たスキルや経験を公務員として活かせる可能性がある
  • 副業で得た収入や人脈を将来のキャリアチェンジに役立てられる可能性がある
  • 副業で自分の興味ややりがいを満たし、モチベーションや満足度を高められる可能性がある

職務への潜在的リスクと対処法

  • 副業はキャリアにプラスの影響を与える一方で、職務への潜在的リスクもあります。主なリスクは以下の3つです。
  • 副業が公務員法や職場の規則に違反している場合、懲戒処分や解雇などの重大な結果になる可能性がある
  • 副業が職務時間や休日に影響を与え、仕事の質や量が低下する可能性がある
  • 副業が公務員としての中立性や信頼性を損なう可能性がある
  • これらのリスクを回避するためには、以下の対処法が必要です。
  • 副業を始める前に、公務員法や職場の規則を確認し、必要な場合は上司や関係者に相談する
  • 副業と職務との優先順位を明確にし、時間管理や労働環境を整える
  • 副業が公務員としての立場や責任と矛盾しないように注意する

副業とキャリアバランスの考え方

  • 副業とキャリアバランスの考え方は、個人によって異なります。しかし、一般的には以下の3つのポイントを意識すると良いでしょう。
  • 副業は自分のキャリアビジョンや目標に沿って選ぶ
  • 副業は自分の能力や価値を高める機会と捉える
  • 副業は自分のライフスタイルやライフステージに合わせて調整する
  • 副業は公務員のキャリアに影響を与えるものです。副業を始める前に、自分のキャリアにとって何が必要で、何が望ましいかを考えてみましょう。

副業実施の事例と学び

ここでは、公務員が副業を行った事例とその結果について紹介します。副業に成功した人や、トラブルに巻き込まれた人、副業から得た教訓など、様々なケースを見ていきましょう。

成功した公務員の副業事例

公務員の中には、副業で大きな収入を得たり、社会的な貢献をしたりする人もいます。例えば、以下のような事例があります。

  • Aさんは、市役所の職員として働きながら、ブログやSNSで自分の趣味やライフスタイルを発信しています。その内容が多くの人に共感を呼び、広告収入や商品提供などで月に数十万円の収入を得ています。Aさんは、自分の知識や経験をシェアすることで、他の人の役に立ちたいという思いで副業を続けています。
  • Bさんは、県庁の職員として働きながら、NPO法人の理事としてボランティア活動をしています。Bさんは、自分の専門分野である環境問題に関する啓発や支援を行っており、国内外から高い評価を受けています。Bさんは、自分の仕事と副業の両立に苦労しながらも、社会的な意義を感じて副業を続けています。

副業に関するトラブルと教訓

公務員が副業を行う場合、様々なリスクや問題に直面する可能性があります。例えば、以下のような事例があります。

  • Cさんは、教育委員会の職員として働きながら、オンラインサロンやコンサルティングサービスを提供しています。Cさんは、自分の専門知識やスキルを活かして高額な料金を請求しており、月に数百万円の収入を得ています。しかし、Cさんは自分の本職や副業に関する情報を隠しており、上司や同僚にバレることを恐れています。また、Cさんは自分の立場や権限を利用して客を集めたり、公務中に副業に関する連絡や作業をしたりすることもあります。
  • Dさんは、警察署の職員として働きながら、アフィリエイトサイトやYouTubeチャンネルを運営しています。Dさんは、自分の仕事やプライベートに関する内容を公開しており、多くのファンやフォロワーを獲得しています。しかし、Dさんは自分の発言や行動が公務員としてふさわしくないことも多くあります。また、Dさんは自分の副業が原因で、職場や家庭でトラブルに巻き込まれたり、ネット上で批判や誹謗中傷を受けたりすることもあります

副業の経験から得られる教訓

公務員が副業を行うことには、メリットだけでなくデメリットもあります。

副業を行うことで、自分の能力や価値観を高めたり、新しい人脈やチャンスを得たりすることもありますが、同時に、自分の本職や家庭とのバランスを崩したり、法令や倫理に反したりすることもあります。副業を行う公務員は、以下のような教訓を忘れないようにしましょう。

  • 副業は本職の妨げにならないようにする。公務員は、国民から信頼される立場にあるため、本職に対する責任や義務を果たすことが最優先です。副業は本職の時間や質を低下させないように注意しましょう。
  • 副業は公務員としての品位や信用を損なわないようにする。公務員は、自分の言動が常に注目されることを意識しなければなりません。副業は公務員としての品位や信用を損なわないように注意しましょう。
  • 副業は法令や倫理に従って行う。公務員は、法令や倫理に従って行動することが求められます。副業は法令や倫理に従って行いましょう。また、副業に関する情報は透明性や正確性を確保しましょう。

まとめ

この記事では、公務員の副業に関する規定や制約、適用範囲について解説しました。公務員の副業は、本業との関連性や競合性、時間的な負担などを考慮して選ぶ必要があります。副業を行う際には、所属する機関の規定や上司の許可を確認することが重要です。また、副業がキャリアに与える影響や、副業での成功事例やトラブル事例についても紹介しました。

公務員の副業には、以下のポイントがあります。

  • 副業可能な職種や業種を選ぶことが重要であり、公務員の倫理観や守秘義務に反しないように注意する必要があります。
  • 副業での人気のある業種は、主にインターネットを利用したもので、在宅で働けることや需要が高いことが特徴です。
  • 副業によるキャリアアップの事例もありますが、副業を始める前には本業とのバランスやリスクを考慮する必要があります。

公務員の副業に関する規定は、国家公務員と地方公務員では異なります。国家公務員は原則として副業が禁止されており、特定の例外的な場合に限り許可されます。一方、地方公務員は各自治体の条例に従って副業を行うことができますが、制限や条件が設けられる場合もあります。副業を行うためには、所属する機関からの許可が必要であり、プロセスや手続きは国家公務員と地方公務員で異なります。

副業は公務員のキャリアに影響を与える可能性があります。副業がキャリアに及ぼすプラスの影響としては、スキルや経験の活用や将来のキャリアチェンジの可能性、自己満足ややりがいの向上などがあります。一方で、副業が職務上のリスクや問題を引き起こす可能性もあります。副業を行う際には、公務員としての責任や義務を果たすことが最優先であり、法令や倫理に従って行動することが重要です。

副業は公務員のキャリアにおいて様々な経験や教訓をもたらすものです。副業で成功した事例やトラブル事例から学びながら、自分のキャリアビジョンや目標に合った副業を選び、バランスを保ちながら活動していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました